オリジナルデザインのノベルティ
2019年4月3日

ノベルティを製作する意味と注意点

開店記念などで、関係者だけでなく顧客にノベルティを店舗で配ることは珍しくありません。

配り方によっては、店舗の宣伝やイメージアップに繋がります。と言っても、多くの来客が予想される場合は何を配るのかよく考えなくてはいけません。ノベルティを用意するからには、それなりのコストと労力が必要になってくるからです。費用を削減するために、数は少なめにしか用意しないという店舗も中にはあります。確かに大切なことですが、例えば開店からすぐになくなってしまっては宣伝効果が期待できません。

もし、大勢が来店すると予想されるときはノベルティの単価を少し抑えて数をたくさん用意することをお勧めします。比較的大量に安く用意するときは、文房具などの小物が人気を集めています。オリジナルで最初から製作してもらうと高額になりがちですが、既製品に店舗名を印刷する程度なら費用もさほどかかりません。小物であれば持ち運びも簡単なので、相手にも喜ばれるでしょう。

既製品に印刷をしてノベルティを作る際は、専門の業者に依頼すると簡単です。製品代の他に、印刷代とサービス料が必要になるので最初に見積もりを計算してもらうと安心です。印刷を依頼するときは、個数が多いほど単価が安くなっていく傾向があります。

どうしても少量しか作らないという場合は、業者に委託してしまうと単価が高くなる可能性があるので注意してください。少量の時は、既製品に自作で用意したシール等を貼ってノベルティを自分たちで製作するという手もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *