オリジナルデザインのノベルティ
2018年12月18日

気持ちが伝わるカードのギフト

メールという、とても便利なものが登場してからは、以前と比べてすっかり出番が減ってしまったのが手紙やカードです。

とはいっても、クリスマスに年末や正月などというような誰かにモノや気持ちを贈りたいイベントが目白押しな季節には、ギフトに添えるカードの出番が増えてきます。大きなカードをいただくと、開くのが楽しみでワクワクするものです。お見舞いの小さなカードのひと言に、心が救われるということもあります。そのようなカードのギフトを届けられるようになりたいものです。

あらためて手紙を書くというのは照れくさくても、カードなら気軽に書くことができます。市販されているカードには、ステキなものがたくさんあって目移りするほどです。相手の方の好みや、イメージを思い浮かべながら選ぶというのは、とても楽しい時間です。しかし、自分で絵を描いたり、言葉を添えたりすると、より自分らしさが伝わるかもしれません。カードにパステルで、くるくると何色かの円を描いて、メッセージを入れてみてもよいでしょう。

色が、気持ちを伝えるお手伝いをしてくれます。「上手に描かなきゃ」とか「絵は下手だから」と尻込みしている人はいないでしょうか?気持ちがこもった絵や文字に、上手や下手は関係ありません。そこに込められたものが伝わるような、味わい深いものになっているはずです。カードそのものがステキなギフトになりますから、大切な方に贈れば喜んでもらえるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *