オリジナルデザインのノベルティ
2018年10月18日

ノベルティグッズはさりげなく

ノベルティはさりげないものがいい場合もあります。

もちろん大きく、主張が強ければ宣伝にはなるでしょう。しかし問題点もその分大きくなってしまいます。多くの人に見てもらうならば企業や商品の文字はできるだけ大きくしたいかもしれません。あるいはカラーリングは思い切り派手にしたいということもあるでしょう。しかし多くの人はそういった他人からどう見られるか微妙な小物などアイテムを好みませんし、不興をかうことになります。

ノベルティグッズでさりげなくとは何かと言われるとそれも個人の感性になってしまいますがやはりパッと見て気が付かない、ということがあります。普段使いでも気にならず、ちょっとひっくり返してみたりよく見てみたらあれこれはこの企業の、と思えるようなものが素晴らしいです。その場合商品を使っているところを他人が見てもすぐには気が付くことはないかもしれませんがそれを手に取ったとき、また使っている本人が快適だと思っていてくれるならば多くの場合好意的に見てくれることでしょう。

むしろ先に使用しているためこんな企業が、と自ら調べることにつながることもあります。用途にもよるのですが結局のところノベルティグッズはバランスが必要ということです。さりげなく、主張しすぎず、しかし影が薄くてはいけないというなかなか難しいものです。目についてはいけないけれど無視されてはいけないというセンスの問われる仕事ということでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *