オリジナルデザインのノベルティ
2018年10月15日

ノベルティに望まれるもの

ノベルティグッズと呼ばれるものは販売促進に使われます。

広告、宣伝と企業の商品や企業そのものを知ってもらうためのものです。だからこそ多くの人の手に取ってもらい、さらにその人の周囲に広めてもらいたいのです。ではどうしたらよいのか、それを日々企業は考えています。ノベルティを広めると一口に言っても多くは先人が行っていたり、もう画一化されたテンプレートがあるものは二番煎じであることが多いです。ではどうしたらよいのかとなると初心にかえり、まずは手に取ってもらうということを意識するのが肝要です。

そうしなければ問題外ですし、あまり手に取ってもらえないようなものはそれを嫌がる人が多いという場合もあり、注意が必要です。ティッシュならば普段使うのが恥ずかしいほど文字や表現過剰なものであったり、タオルならばデザインはそこまで大差はないことが多いですが色が少しという場合などです。望まれているものを提供するということはあらゆるサービスに言えます。

それはノベルティでも同様であり、きちんとした宣伝戦略を考えるべきものです。普段使うならばどうか、お客様のことを考える必要があります。あるいは自分自身が使うということを考えてもいいでしょう。タオルを使うとき素材はもとよりあまり目については不快かもしれません。基本の布地がシンプルなのにでかでかと文字があっては微妙です。ほんのワンポイント、しかし洗濯やたたむときに目につく、それだけでも十分といえるのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *