オリジナルデザインのノベルティ
2018年10月6日

ノベルティの行き先について

ノベルティグッズはどこに行くか、という話は哲学のようですがただの事実です。

ティッシュのような使い捨てならばゴミ箱に行ってしまいますがタオルや小物ならばあわよくばずっと使ってもらえることができるかもしれません。あるいは持ち歩くものならばまた別な宣伝効果があります。自宅においておかれてしまうと少々狭まるといえばそうなのかもしれません。オフィスにおいてもらえれば同僚や色々な人の目につくことがあるでしょう。それでいて持ち主の個人差はありますがこの人が持っている、という事実だけでさらなる宣伝になる場合もあります。

生活雑貨ならば広く持ってもらえますがより特定の場所に使う、例えばお風呂関係であるならば贈り物には使えますが安価なノベルティグッズは作りにくいことになったりします。女性向けであることも多く、こだわっている人が多い部分だからこそ基礎の値段が高くなってしまいます。

行き先としては個人宅ではあれど人に勧めるという選択肢が増えるという点ではいいともいえます。一般的なタオルならば色落ちやかすみが無ければ多く使ってもらえることがあります。小さ目のものならば出先での使用も期待できますが本人のセンスによるところも大きいでしょう。ノベルティを作る場合どうなるかも考える必要があります。使い捨てならばそれなりに一瞬の派手さを求めたり、長く使ってもらいたいならば地味に、しかし実用性は高くといった配慮がいることでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *