オリジナルデザインのノベルティ
2018年10月3日

ノベルティが余った際の対処法

お客さんなどに配るノベルティはできるだけ余らないようにしておくことが求められますが、それでも余ってしまうことがあります。

この場合にはそのままにしておくことはできるだけ避ける必要があり、なるべく活用できるような状態にしておくことが大事です。例えば、ボールペンをノベルティにした場合にはそれを社内で使ったり、訪問してきた人に配ったりすることで活用することができます。余ってしまうことは問題ですが、それを使わないことはもっと問題です。だからこそ、それをうまい形で使い切ることが重要です。

こうしたことを踏まえ、使用期限があるようなものはノベルティにすることは避けるのが無難です。例えばカイロなどは使用期限というものがあります。食品系も同様に賞味期限や消費期限があるため、ノベルティにする際には余らせないようにしないと大変です。ボールペンやクリアファイルなどは仕事で活用することができ、備品としてボールペンを購入しなくてもノベルティで作ったものを使えばそれで済むからです。

お客さんに配るために作るのが大前提ですが、万が一余った場合の対処法を考慮して決めていくことも必要です。これらを考えることができれば、どんなものを配るにしても余らせることもなければ、無駄に終わってしまうこともなくなります。最高なのは配布することでそれで最大限の効果を得られることですが、次善の考え方としては費やした費用を無駄にせずプラスに使うことです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *