オリジナルデザインのノベルティ
2018年8月9日

ノベルティ制作で失敗しないためには

広告や販促などの目的で配るノベルティは、ただ作るだけでは顧客に受け取ってもらえなかったり、受け取ってもらえても使用されなくて宣伝の効果がなくなります。

販促目的でも、欲しいと思うノベルティでないと売り上げは伸びません。ノベルティ制作で失敗しないためには、いくつかの注意点があります。企業側は、つい名前や商品を覚えてもらうことに重点をおこうとしますが、そうなるとグッズのデザインが崩れてしまったり、使うのが難しくなったりすることもあります。

名入れなどをするときには、大きさや色などを配慮して使いやすくしましょう。また、配布する時期なども重要です。真冬にうちわや冷たい飲料水などを配布しても、貰ってくれる人は少ないですし喜ぶひともあまりいません。配布するときには、季節や場所などを考える必要があります。

時期を合わせると低コストでも作れますし、アイテムによっては貰えてよかったと感じてもらえて企業のイメージも向上します。男性だと渋さやクールさ、女性なら可愛いなどターゲットを絞り込むのも大切です。女性にはキャラクターグッズ、男性は実用的なビジネスグッズ、子供なら玩具関連などターゲットに合わせて品を作ります。

更に、デザインなどがよくてもグッズの大きさなどがあってないと、反応が悪くなることもあります。かさばるものは受け取ってもらえないこともあるので、持ち帰りやすいサイズにしたりするとよいです。グッズが良くて好評でも、渡したいときに数が足りないとイメージダウンになります。数が足りなくならないように、予備を備えておくと安心です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *