オリジナルデザインのノベルティ
2018年6月21日

ノベルティの販促と広告宣伝の違いとは

企業が無料で配布するノベルティには、販促目的と広告宣伝の二つがあります。

販促とは、販売促進のための活動のことで、売りたい商品の売り上げやサービスなどの契約を上げるためのものです。一方、広告宣伝は企業の名前を広めて、情報などを伝えることです。両方とも、集客や売り上げアップにつながることもありますが、より効果があるのはやはり販促です。

販促品のノベルティグッズは、チラシ印刷業者や販促グッズ専門店などが制作をしています。個人のイベントなら自作でも可能ですが、企業やお店だとやはり本格的なノベルティグッズが必要になります。

扱っているアイテムの種類は豊富で、業者によって異なっています。商品を選ぶときでも季節やターゲット層、アピールしたい商品によって違います。例えば、夏場ならうちわや扇子など、年末ならカレンダーと決めた方がよいです。

あまり季節外れなものや、オリジナル性に拘りすぎて実用的でないと、使用されなかったりして販促の効果が期待出来ません。主なノベルティグッズには、のぼりやチラシ、ポスターやパンフレット、ダイレクトメールやクリアファイル、ボールペンやメモ帳などがあります。

販促目的のノベルティでは、利益の獲得が大きな目的です。配布することで集客や売り上げにならなければ意味がなく、それを可能にするには事前の調査や消費者のニーズなどを把握して、それに合わせてアイテムを制作し効果のあるターゲットやエリアに配布する必要があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *